生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

2019年06月17日・ライフプラン
生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

目次

    長期休暇などでお金を使い過ぎて、生活費が足りなくなってしまった・・そんなときはどのようにして対処したら良いのでしょうか。一時的にお金を用意する方法としては、親を頼ったり、カードローンを利用したりと借金をするという方法もありますが、どちらも抵抗があるという方も多いでしょう。

    今回は、一時的に生活費が足りない場合に家計を立て直すおすすめの方法をご紹介します。

    1.一時的に生活費が足りない場合の対処法

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    買い物の際はキャッシュレス決済を利用する

    生活費が足りないときは、現金払いではなくキャッシュレス決済(クレジットカード払い)を利用するのがおすすめです。代金をクレジットカードで支払えば、手元の現金が減るのを先延ばしにすることができます。今はコンビニエンスストアやスーパーなど日常で利用する様々なお店でキャッシュレス決済ができるようになっているので、Apple Payやおサイフケータイに登録しておくと財布なしで買い物に行けるようになります。QRコード決済を利用している場合も、チャージ方式ではなくクレジットカード方式で登録しましょう。

    「あとからリボ」「あとから分割」を利用する

    クレジットカードの「あとからリボ」「あとから分割」という仕組みをご存知ですか?「あとからリボ」「あとから分割」は、すでにクレジットカード一括払いで決済が完了しているものを、あとからリボ払いや分割払い、ボーナス払いなどに変更できるサービスのことをいいます。本来であれば買い物の翌月などに支払うことになっているところを先延ばしにすることができるため、生活費が足りない場合に有効な方法と言えるでしょう。

    手続き方法はクレジットカード会社によって異なりますが、Webサイトや電話などで受け付けている場合が多いです。また、手続きの締め切り日は引き落としの金融機関によって異なりますが、引き落とし予定日の23日前など比較的直前まで受け付けている金融機関もあります。なお、リボ払いや分割払いには金利手数料がかかるため、お金に余裕ができたら早めに繰り上げ返済をすることをおすすめします。

    総合口座貸付サービス(いわゆるマイナス口座)を利用する

    総合口座とは、金融機関の普通預金、定期預金などを一緒に管理できる口座のことをいいます。総合口座貸付サービスとは、総合口座を利用している人が定期預金をしている場合に、その定期預金を担保にしてお金の借り入れができるサービスのことをいいます。利用方法は金融機関や口座の契約内容などによりますが、多くの場合、キャッシュカードでお金を引き出す際やクレジットカードの引き落としの際などに残高が不足していれば自動的に借り入れできるようになっており、借り入れをした場合は普通口座残高がマイナスになります。

    総合口座貸付サービスは定期預金が担保になっており、借り入れ金額は定期預金残高の範囲内に限られるため、一般的な借金やカードローンなどのように返済できなくなる心配をする必要がないというのが大きなメリットです。なお、総合口座を保有していても自動借り入れの契約をしていなければ借り入れができない場合もあるため、利用を希望する場合は契約内容を確認しておきましょう。

    2.長期休暇の旅行資金計画を立てる方法

    とはいえ、長期休暇に家族旅行などを予定している場合は、その費用について計画的に積み立てておきたいものです。旅行費用の積み立てプランの作成方法は、旅行費用を賢く準備!計画方法と貯蓄プランの立て方ガイドの記事でもご紹介しましたが、ここで改めて掲載します。資金計画を立てるには、資産管理アプリを利用するのが便利です。

    資産管理アプリFortune Pocket

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    資産管理アプリFortune Pocketを使って、旅行費用貯蓄のための資金計画を立ててみましょう。

    1.誕生日や結婚の有無など、簡単な質問に回答していきます。

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    2.ライフイベント「自由入力」を選択し、必要な費用などを入力します。

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    今回は、下記のような貯蓄プランを立ててみます。

    旅費:70万円

    現在の貯蓄額:30万円

    月々の貯蓄額:2万円

    3.診断結果を見てみましょう。

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    月々2万円の積立ペースで必要な旅費を貯蓄できるかどうかの診断結果が出ます。この例では-20万円、つまり20万円不足することがわかります。

    4.月々の貯蓄額を調整してみます。

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    月々4万円を貯めていけば、お正月の旅費を準備できるという結果になりました。しかし、考えてみると月々4万円は難しい・・そのような場合は、月々の貯蓄額は可能な金額である3万円と決め、旅行費用をおさえることを検討します。

    5.月々の貯蓄額を3万円にして旅費を調整してみます。

    生活費が足りなくなった!?旅行でお金を使い過ぎた時の対処法

    旅費を60万円にすれば、月々の貯蓄額3万円で実現できるという結果になりました。

    3.まとめ

    長期休暇の旅行などで生活費が足りなくなった場合の対処法をご紹介しました。なお、今回ご紹介したのはあくまでも一時的にしのぐための方法です。慢性的にお金が足りない場合は、家計の根本的な見直しをすることをおすすめします。

    【この記事の著者】

    フォーチュンポケットマガジン編集部

    フォーチュンポケットマガジン編集部

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    人気のマガジン

    新着マガジン

    < PR >

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ