30代家庭のライフプラン|平均的な家庭の家計やお金事情を調べてみよう

2019年10月22日・ライフプラン

あなたの家庭では、将来に備えてしっかり貯蓄できていますか?食費や生活費、レジャー・旅行代などで出費しすぎていませんか?

子どもはこれからという家庭や、子どもがまだ小さい子育て家庭では、比較的お金に余裕があるためついつい節約を忘れてしまいがち。しかし、子どもの成長にともなって教育費や生活費がどんどんかさんでいくことが予想されるので、今のうちからしっかり貯金をしておく必要があります。

では、よその家庭にはどの程度の貯金があり、食費や生活費にいくら使っているのでしょうか。この記事では、総務省がまとめているデータをもとに、世帯主が40歳未満の家庭の貯蓄の残高や家計の状況を見ていきます。

1.世帯主が40歳未満の家庭の貯蓄状況

総務省が行っている家計調査のデータから、世帯主の年齢別の貯蓄、負債額を調べてみました。

世帯主が40歳未満の家庭の貯蓄状況

このデータでは、世帯主の年齢が40歳未満の家庭の貯蓄は600万円という結果になりました。ただし、このデータは貯蓄・負債がある世帯のみを集計したものなので、貯蓄・負債がない世帯のデータは反映されていません。

(参考)負債保有世帯は全体の61.5%

貯蓄額600万円は、思ったより多いと感じられた方も多いのではないでしょうか。では、これらの家庭の家計の内容を見てみましょう。

2.世帯主が40歳未満の家庭の家計

同じく総務省が行っている家計調査のデータから、世帯主の年齢別の1ヶ月あたりの支出額をまとめてみました。

世帯主が40歳未満の家庭の家計

この表を見ると、世帯主が40歳未満、特に30代前半までの世帯は賃貸住宅に住んでいることも多いため、40歳以上の世帯の平均よりも住居費が高い傾向があります。しかしその他の項目は、世帯主の年齢が上がるほど多くかかっています。もちろん世帯主の収入も上がることが予想されますが、必要な費用は若いうちに貯めておくと良いということがわかるでしょう。子どもの教育資金などで出費が増える時期が来る前に、できるだけお金を貯めておくことをおすすめします。

3.30代家庭のライフプラン

30代家庭では、主に下記のようなライフイベントが予想されます。

・住宅購入

・車の買い替え

・小学校入学のタイミングで妻がパート開始

※これまでは、幼稚園入園等による教育費の負担がありましたが、幼保無償化により今後はその負担がなくなります。

多くの30代家庭において、最も大きなライフイベントは住宅購入です。頭金をどれだけ多く用意するかで今後の返済額が変わってくるので、できるだけ多く貯めておきたいところですが、「どのようなペースで貯金をしていけば良いのかわからない」という方や「頭金を多く支払いすぎて貯蓄がなくなるのも不安」という方も多いでしょう。そのような時には、ぜひライフプランシミュレーションをしてみましょう。シミュレーションにより今後のお金の流れを把握しておけば、貯金のペースや支払える頭金の額などが見えてきます。

ここでは、夫婦と子ども1人の30代家庭の10年間のキャッシュフロー例をご紹介します。

30代家庭のライフプラン

このようにシミュレーションをしてみると、住宅購入費用をどうすれば良いのか、車をどのタイミングで買い換えたら良いのか、そして子どもの小学校入学に合わせて妻がパートを始めるべきかどうかなど、今後の計画を検討しやすくなるでしょう。

4.まとめ

30代家庭では住宅購入などの大きなライフイベントがある場合が多いため、お金のやりくりを計画的に行うことがとても重要になってきます。また、これから子どもの成長に合わせて教育費用がかかり始めますので、いざその時になって焦らないよう、早くから備えて貯金をしておく必要があるでしょう。たとえ今ゆとりがあっても、今後のことを考えてできるだけ節約して貯蓄を増やしておきましょう。

なお、この記事ではキャッシュフロー表を作成しましたが、資産管理アプリを使うともっと簡単にライフプランを立てることができます。操作方法はとても簡単で、無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

※この記事は、総務省統計局の家計調査をもとに作成しました

【この記事の著者】

フォーチュンポケットマガジン編集部

フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

< PR >

人気のマガジン

新着マガジン

< PR >

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
年内に新デザインにてリリース予定。

トップへ