私立中学校でかかるお金はいくら?合格してから1年間にかかるお金の実例を紹介

2019年07月24日・教育資金
私立中学校でかかるお金はいくら?合格してから1年間にかかるお金の実例を紹介

私立中学校に子どもを入学させた場合にどの程度のお金がかかるか、気になりませんか?
入学金や授業料がいくらなのかは調べれば分かりますが、それ以外の「見えないお金」が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、私立中学校で1年生の1年間にかかるリアルなお金事情の一例をご紹介します。

1.中学校1年生でかかる主な費用

入学金:40万円(入学金+施設費)

入学金は合格後の入学手続きの際に支払うもので、東京の場合、25万円から50万円程度の学校が多いです。現金で一括で支払うことが多いですが、分割できる学校もあります。

寄付金:20万円(任意)

私立中学校に入学を決めて最初に悩むのが、寄付金ではないでしょうか。寄付金は、学校環境の整備などを目的として学校が募集するもので、入学手続き時などに振込用紙が配布されます。15万円〜20万円×2口以上で募集されることが多く、任意の制度のため、振り込むか/振り込まないか、また振り込むとしたら何口にするかと頭を悩ませる家庭も多いでしょう。ほとんどの生徒が寄付をする学校もあれば、大半の生徒が寄付をしない学校もあるようです。気になる方は、インターネットの口コミ情報などを参考にするのも良いでしょう。

制服代:17.5万円

制服は公立中学校でも着ることが多いので同じと考えている方もいるかもしれませんが、私立中学校の制服代は公立中学校のそれより高めになる傾向があります。ある私立女子校の制服代をご紹介します。

制服代

この学校の例では、制服関連で約17.5万円かかっています。多くの場合、校章やネーム入りが指定されるため、市販品より高くなる傾向があります。

④通学費用(定期代):年間5万円

電車の通学定期は通勤定期より割安ですが、バスの定期券は高くなる傾向があります。

授業料:年間75万円

授業料は、学校維持費や父母会費などと一緒に支払うことになっている学校が多く、金額は毎月5万円から10万円程度で、口座振替が一般的です。毎月払い、6ヶ月分一括払いなど、学校によって異なります。

オリエンテーション合宿:5万円

多くの私立中学校では、中学1年生で入学してすぐ1泊から3泊などでオリエンテーション合宿が行われます。合宿費の他に、合宿に備えて洋服など様々な買い物も生じます。現地で体育着が複数必要なために買い足すというケースもあるそうです。

連絡網システムや学習支援アプリの利用料:年間3万円(+PCやタブレット購入費用)

緊急時連絡用のメールシステムや、家庭学習用の学習支援アプリなどを利用している学校も多く、それぞれ年間1万円などまとまった費用の請求があります。自宅にPCやタブレットがない場合は、学習支援アプリを使うために購入する必要があります。

なお近年は学校でタブレットを使うことも多く、学校から貸与される場合もありますが、学校で一括購入し、後で費用が請求される場合もあります。

部活動費用:年間2万円

部費、ユニフォーム代、道具代などがかかります。音楽関係の部に所属した場合は、トランペットやギターなどの楽器を自前で購入することもあります。合宿のある部活動の場合はその費用などもかかります。

昼食代・飲食代:年間10万円(概算)

私立中学校は給食がないことが多いので、お弁当またはカフェテリアで食事をすることになります。また、部活動の前に学校の売店や自販機で飲食物を購入することもあります。

2.その他費用

私立中学校でかかるお金はいくら?合格してから1年間にかかるお金の実例を紹介

①留学費用:60万円(任意)

多くの私立中学校には短期留学プログラムが用意されています。希望者を中心に中学2年生、3年生で行くことが多いですが、中学1年生で行くケースもあります。急な出費にならないよう、早いうちから計画しておく必要があるでしょう。

鑑賞会や課外授業:3万円(任意)

音楽鑑賞や舞踊鑑賞、課外授業などの特別プログラムに参加する場合は、その費用がかかります。合宿形式の場合は、さらに高額になります。

3.まとめ

私立中学校に入学すると、入学金や授業料の他にも様々なお金がかかります。今回は学校でかかる費用のみを挙げましたが、これら以外にも、塾や家庭教師代、習い事の月謝、娯楽費などもかかります。一般的に私立中学校は休みが多く、休日の行動範囲も公立中学校より広い傾向があるため、娯楽費が多くかかるということも付け加えておきます。

コンテンツ提供元:フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

おすすめ記事

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年秋に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!