教育資金の貯め方

2018年11月16日・教育資金
教育資金の貯め方

子どもが小さいうちが教育資金を準備するチャンス

子どもが小さいうちは、それほど教育費はかかりませんが、子どもの成長に伴い年々教育費が増え、大学生の時期は、子育てにかかる費用がピークになります。中学校まで公立進学を想定している場合は、それまでの間に、高校進学以降の教育資金を貯めたいところですが、中学3年の時期は受験対策のために塾代などがかかることが予想されるため、実際に貯められる時期は中学2年までと考えた方が良いでしょう。

以下の表のように、教育資金を準備するために、利用できる金融商品が様々あります。それぞれの特徴を把握して、目的に合った商品を選びましょう。

教育資金を準備するための金融商品の例
教育資金を準備するための金融商品の例

コンテンツ提供元:株式会社エフピー研究所

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年春に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!

おすすめ記事