スマホ証券の人気の理由!へそくり感覚ではじめる少額投資

2019年11月11日・金融
スマホ証券で手軽に投資!少額で株主になれるスマホ証券とは

目次

    「スマホ証券」をご存知ですか?

    低金利時代の今、銀行預金より有利な投資に興味をお持ちの方も多いでしょう。しかし一方で、そこまでまとまったお金を用意するのが難しかったり、高額な株式を購入する勇気がわかなかったり、どの企業に投資をしたら良いのか比較検討しているまま決断できなかったりして、最初の一歩を踏み出せていない方もいるのではないでしょうか。

    そういった問題の解決方法の一つに、「スマホ証券での投資」という方法があります。

    1.スマホ証券とは

    スマホ証券とは、スマホ取引専用の証券会社のことをいいます。今は多くの証券会社がスマホ用の取引画面や専用アプリなどを用意しており、誰でも簡単にスマホで取引できる時代になりました。しかし今回ご紹介するスマホ証券は、野村證券のような店舗を持つ証券会社とも、SBI証券のようなネット証券とも違い、スマホ取引のみに特化した証券会社のことを指します。

    2.スマホ証券の人気ポイント

    数年前に登場したスマホ証券は、会員をどんどん増やしているのみならず、これまで投資に積極的ではなかった20代などの若い層を取り込んでいるというのが大きな特徴です。では、どのような点が評価されて利用者が増えているのでしょうか。

    少額から投資できる

    一般的な証券会社経由で株式投資をする場合、購入したい企業の株式が株価6,000円、単元株数100株なら6,000×100=60万円の資金が必要です。しかし、少額投資のサービスを展開しているスマホ証券を利用すると、この企業に1,000円など少額で投資することができます。まとまったお金を用意しなくても気軽に始められるという点で、投資初心者や若い層、主婦層などにも支持されています。

    シンプルでわかりやすい

    人気の高いスマホ証券アプリはとても使いやすく作られており、機能やサービス内容、取り扱い銘柄などが分かりやすいため、迷わず選ぶことができます。株取引に詳しくなく、グラフや数字の見方が分からないという方には、シンプルで使いやすいという点が支持されています。

    万が一破綻しても1,000万円まで補償される

    万が一証券会社が破綻して預かっているお金を返還できなくなった場合、1,000万円までは投資者保護基金が補償します。この基金はスマホ証券も対象になっているので、一つの安心材料と言えるでしょう。

    3.スマホ証券を利用するうえでの注意点

    投資できる銘柄が限られている

    スマホ証券は銘柄を絞って取り扱っているため、投資できる金融商品や銘柄が限られています。自分が投資したいと思っても取り扱いがない可能性もありますので、銘柄を決めている場合は口座開設前に取り扱いの有無を確認しておきましょう。

    単元株未満の場合は株主優待を受けられない

    株主優待は、単元株を保有していて、企業が定める条件を満たしている場合に受けることができます。スマホ証券を利用している場合でも、単元株以上を保有していて、かつ企業が定める条件を満たしていれば株主優待を受けられることが多いですが、単元株未満の場合は受けられません。株主優待が目的の一つという場合は、優待を受けられるかどうかを確認したうえで取引をしましょう。

    5.まとめ

    手軽さが注目されて会員をどんどん増やしている「スマホ証券」をご紹介しました。「スマホ証券」には、スマホだけで簡単に投資ができるという良さがありますが、注意点もあります。安全面に注意しながら、楽しく投資をしてくださいね。

    【この記事の著者】

    フォーチュンポケットマガジン編集部

    フォーチュンポケットマガジン編集部

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    人気のマガジン

    新着マガジン

    < PR >

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ