忙しくても資産運用方法!時間がなくても効率よくお金を貯める方法

2019年06月20日・金融
忙しくても資産運用方法!時間がなくても効率よくお金を貯める方法

低金利が続き、銀行預金ではほとんどお金が増えないと言われる昨今、投資などの運用による資産形成が注目されています。投資というと、比較的安定していると言われる個人向け国債や、お得感のある株式投資などがよく知られていますが、資産運用方法は他にも様々あります。

今回は、数ある資産運用方法のなかから、忙しい人に人気の金融商品をご紹介していきます。

1.忙しい人に人気の資産運用

まずは、時間がなくてしっかり管理運用できないという人に人気の金融商品を2つご紹介します。忙しいからお金を預けっぱなしにしたいけれど、金利の低い銀行預金以外の投資をしたい。そんな人によく利用されている商品です。

①バランスファンド(投資信託)

投資信託にはいくつかのタイプがありますが、忙しい人や初心者に人気があると言われているのは、様々な商品を組み合わせて投資する「バランスファンド」です。

投資信託を始めようと思っても、商品が多くてどれを選んだら良いかわからないまま中断してしまっている人も多いのではないでしょうか。また、投資信託をする際はリスクを抑えるために分散投資をすると良いと言われていますが、忙しいとゆっくり考える時間を取るのも難しいでしょう。その点、投資のプロが色々なタイプの商品に分散投資をしてくれる投資信託「バランスファンド」は、自分で選ぶ必要がなく、任せてしまえるので忙しい人に人気があります。

ただし、バランスファンドは手数料が高いというデメリットもあります。また、投資信託は元本保証されている金融商品ではないため、注意が必要です。

②MRF

MRFは、「証券会社の普通預金」とたとえられています。投資信託の一種ですが、リスクが少ないと言われる公社債などで運用されているため、比較的安定していると言われている金融消費です。1円以上1円単位で購入することができていつでも引き出し可能と気軽で、銀行預金より利回りが良い傾向があるため、好んで投資している人も多いです。

ただし、安全性が高いことから忙しい人にも向いているとも言われていますが、あくまで投資信託の一種なので元本割れの可能性もあります。

2.忙しくても自分で運用したい人に人気の資産運用

忙しくても資産運用方法!時間がなくても効率よくお金を貯める方法

ここまでご紹介した2つの金融商品は、いずれも一度申し込んだらあとはお任せというタイプのものでしたが、ここからは、忙しくてももう少し自分で運用したいという方に人気のあるものをご紹介します。

毎日忙しくて市場の動向をこまめにチェックはできなくても、ただ預けっぱなしにするのではなく自分でも値動きを把握したい。そんな方に人気の金融商品です。

インデックスファンド(投資信託)

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなどの株式指標(インデックス)と連動するように運用される投資信託で、日経平均株価インデックス、TOPIXインデックス、先進国株式インデックス、など様々な種類があります。手数料が比較的安く、成績がわかりやすいというメリットがありますが、インデックスに連動して下がることもあるため、注意が必要です。

投資信託は運用のプロであるファンドマネージャーが運用を行うため、自分で毎日市場の動きをチェックしなければいけないというものではありません。ただし、国内や海外の株式や債権などを幅広く組み合わせて投資するバランスファンドとは異なり、リスクを抑えるためのバランスは自分で決める必要があります。また、リスクを減らすためには一定期間ごとにリバランスをすることが望まれます。

②外貨預金

外貨預金とは、米ドルやユーロなど外貨建てで預け入れるタイプの銀行預金のことをいいます。外貨預金には円建て預金と同じく普通預金や定期預金などがあり、その外貨の国の金利が適用されるという特徴があります。たとえば、米ドルで預け入れるとアメリカの金利が適用されるため、その金利が日本円より高い場合は有利になります。また、円高のときに外貨預金をして、円安になったときに日本円に換えれば利益が生まれるというメリットもあります。

ただし、為替レートは常に変動しているので、市場の動きをしっかりチェックする必要があります。また、円外貨、外貨円いずれも交換の際には為替手数料がかかります。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、いわゆる融資型クラウドファンディングのことをいいます。一般的に知られているクラウドファンディングは寄付型もしくは購入型とよばれており、事業者に対して寄付をしたり(寄付型)、そのリターンとして商品やサービスなどの提供を受けたり(購入型)するものです。

対して融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は、事業者に対して融資をして、その利子を受け取るというもの。ソーシャルレンディング業者がその仲介をしています。

融資期間や最低金額、金利などは事業者により異なりますが、銀行預金と比較すると金利が格段に高い傾向があります。ただし、現在はまだ法律が曖昧とも言われているため、しっかりした業者を選ぶことが望まれます。

3.資産運用でかかる税金

銀行預金の利息や資産運用で得た利益には20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかり、利息や利益が支払われる前に源泉徴収されることになっています。なお、これらの税金は、確定申告の必要はありません(源泉分離課税)。

4.まとめ

忙しくてこまめにチェックはできないけれど、資産運用をしたいという方に人気があると言われる金融商品をご紹介しました。どの商品も、上手に運用すれば利益が上がる一方、元本割れする可能性もじゅうぶんにあるため、よく理解したうえで運用を始めることをおすすめします。

コンテンツ提供元:フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

おすすめ記事

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年秋に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!