ジュニアNISAで資産形成!そのメリット・デメリットとは

2019年05月22日・金融
ジュニアNISAで資産形成!そのメリット・デメリットとは

ジュニアNISA(未成年少額投資非課税制度)は、20161月にスタートして以来多くの人が利用している制度です。子どもの名義で口座を開設して投資をするということで、将来の教育資金の準備など資産形成の目的で利用している人も多いと言われています。

ただし、ジュニアNISAは上手に利用すればメリットがある制度ですが、デメリットもあるため、よく理解したうえで始める必要があるでしょう。この記事では、ジュニアNISAの利用を検討している人のために、その仕組みやメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

1.NISA、ジュニアNISAとは

①NISAとは

NISA(Nippon Individual Savings Account – 少額投資非課税制度)とは、上場株式や投資信託などの売却益や配当金、分配金などを受け取る際に年間120万円まで5年間非課税になる制度で、20歳以上の人が利用することができます。この制度は、2023年で終了することになっています。

②ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは、上場株式や投資信託などの譲渡益や配当金、分配金などを受け取る際に年間80万円まで5年間非課税になる制度で、20歳未満の人を対象としたものをいいます。同じく2023年で終了することになっています。

NISAとジュニアNISAの違い
NISAとジュニアNISAの違い

ロールオーバー

NISA、ジュニアNISAともに非課税期間は最長で5年間と決まっていますが、5年を過ぎた後も次の年の投資枠(NISA枠)に移行することができます(ロールオーバー)。ただし、年間の非課税枠は、ロールオーバー分も含んで120万円(NISA)または80万円(ジュニアNISA)となるため、ロールオーバーするかどうかは状況をみて検討する必要があるでしょう。

なお、2018年の制度改正によりロールオーバーの上限額が撤廃されました。現在は、投資資産の価値が上がって120万円を超えた場合でも、全額をロールオーバーできることになっています。

2.ジュニアNISAのメリット・デメリット

ジュニアNISAで資産形成!そのメリット・デメリットとは

~メリット~

売却益や配当金、分配金が非課税

先述の通り、ジュニアNISAを利用すると、上場株式や投資信託の売却益や配当金、分配金が非課税になります。通常それらには20%などの税金がかかりますが、その税金がかからなくなります。

ロールオーバーで20歳まで非課税になる

ジュニアNISAの制度は2023年に終了しますが、2024年から2028年の間に5年間の非課税期間を終了した上場株式や投資信託は、ロールオーバーすれば20歳(11日時点で20歳になる前年)まで非課税になります。

20歳以降はNISA口座に移行可能

ジュニアNISA口座を保有している人が20歳(11日時点で20歳の年)になると、同じ金融機関に自動的にNISA口座が開設されます。その人が運用していた上場株式や投資信託が以降に5年を迎えた場合、NISA口座にロールオーバーすることができます。

~デメリット~

18歳になるまで払い出せない

ジュニアNISA口座の資産は、原則として18歳(331日時点で18歳になる年の前年)までは払い出せないことになっています。途中で払い出してしまうと、売却益や配当金、分配金が課税の対象になります。(ただし、災害時などには救済措置が取られる場合があります)

元本保証ではない

上場株式や投資信託は、うまくいけば銀行の定期預金などより利回りが良くなりますが、元本保証されていないため、最初に投資した資金を下回ってしまう元本割れのリスクもあります。それを理解したうえで投資を検討する必要があるでしょう。

3.ジュニアNISA口座開設方法

ジュニアNISAで資産形成!そのメリット・デメリットとは

ジュニアNISA口座を開設できる金融機関

ジュニアNISA口座は、銀行や証券会社などの金融機関で開設することができます。金融機関によって取扱商品や取引手数料などのサービス内容が異なりますので、情報を集めて比較してみることをおすすめします。

ジュニアNISA口座の金融機関は変更不可

ジュニアNISA口座は、一度開設すると、他の金融機関に変更することができません。開設前に、自分の条件に合った金融機関をよく吟味する必要があるでしょう。

4.まとめ

ジュニアNISAについて、その制度やメリット・デメリットなどをご紹介しました。ジュニアNISAは、上手に利用すれば子どもの将来に備えた資産形成に役立つ制度です。仕組みをきちんと理解したうえで活用しましょう。

コンテンツ提供元:フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

おすすめ記事

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年秋に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!