【2020年版】資産形成に役立つ金融セミナーは?注目サービスを比較

2020年11月19日・金融
【2020年版】資産形成に役立つ金融セミナーは?注目サービスを比較

目次

    親世代と資産形成について話をしていると、「余剰資金は貯蓄にまわすべきか、それとも積極的に投資をすべきか」という点で意識の違いを感じます。それもそのはず。親世代では積極的に貯蓄をし、金融機関の金利でお金を増やすとよいとされていましたが、その時代は既に終わり、いまはリスクを分析して投資し、老後資金を確保することが勧められる時代になっているからです。

    とはいえ、自分自身だけでは投資の方向性に自信がないもの。そこで取り入れていきたいのが「プロの意見」です。数多く開催されている金融セミナーをうまく活用し、プロの意見を取り入れてみましょう。選び方や注目サービスについて、以下で詳しく紹介していきます。
    資産管理も、保険・年金も、ライフプランも、これひとつ!個人資産管理アプリ Fortune Pocket 登録は無料!

    1.金融セミナーの選び方

    【2020年版】資産形成に役立つ金融セミナーは?注目サービスを比較

    インターネットで「金融セミナー 〇〇(開催する場所)」と入力すると、予定されている金融セミナーが数多く表示されます。また実際に街を歩くと金融機関の窓口、駅や商店街の広告、更には行政の告知にいたるまで、有料無料問わず様々なセミナーが目に入ります。このように膨大な候補のなかからセミナーを見分けるポイントは以下の2つになります。

    ①主催者の後ろに商品が見えないか

    金融機関主催のセミナーなどは無料で受講できる一方、株投資や投資信託、NISAやiDeCoなど、セミナーの後ろに「商品が見えている」場合が多いです。無料である以上、これは仕方の無いこと。大切なのは受講するときに、その商品が勧められて当然、という理解をしたうえでセミナーに参加することです。

    特定の投資方法やファンドを勧める

    NISAのセミナーを受けて紹介されるファンドに特徴があると思っていたら、同一の運営会社だった。複数の生命保険を扱う相乗り保険会社に相談をしたら、その会社が方針として推奨する保険商品だったなど。相談者の個別の背景を聞いてのアドバイスでない場合は注意が必要です。

    今この投資に動かなければ将来損をする!というスタンス

    世の中に大きな動きがあったときに現れがちな現象。他のみんなは買っているのに、他の参加者は月末までに決めているのにと急かされるケースも注意が必要です。もちろん有限的にお得になる場合も多いですが、きちんと腹落ちしてから具体的な行動を起こすべきです。

    ②セミナーのあと、個別相談を受けることが出来るか

    多人数向けに開催されるセミナーは一般論が中心です。筆者も資産運用系のセミナー講師を担当することが多いですが、まずは多くの方の環境に適合する話をし、時間が許す限り個別の話をするか、「このあと個別相談があるのでご予約ください」というアナウンスをします。ただ、もともと開催スケジュールに個別相談が含まれていない場合もあります。多人数に向けての見解が必ずしも自分の環境に合致するものではありませんので、状況に応じた対応が必要になります。そのため、自分の環境に応じた対応を個別に相談できるセミナーのほうがより実践に適したセミナーであると言えるでしょう。

    2.注目サービスの紹介

    【2020年版】資産形成に役立つ金融セミナーは?注目サービスを比較

    ①アットセミナー

    客観的にセミナーを紹介するインターネットサービス。はじめての資産運用、女性向けの運用、NISAやiDeCoといった対象別・テーマ別にセミナーのラインナップが充実しています。無料のセミナーが多いのも特徴のひとつです。過去30万人が利用と実績も折り紙付き。WEBセミナーも多く、全国各地で好きなタイミングで受講することができます。

    ②マネシル

    あるようでなかった「有料の個別相談」特化サービス。特徴や得意分野などバックグラウンドの明確な相談相手にオンラインで相談することができます。

    個別相談においては一見無料の方がコストもかからないもの。ただ、前項でお伝えしたように、無料でも講師に払われているお金はどこかから発しているもの。気が付かないあいだに特定の商品を勧められていたり、主催会社のサービスを利用する方向になっていたり、という前提付きの無料セミナーは数多くあります。その点、マネシルのように「有料相談」は客観的視点が担保され、かつ講師も相談者の背景を踏まえたうえで具体的なアドバイスが出来るもの。相談1回60-80分で5000-10000円が相場ですが、年金や相続など注目のテーマに関しては期間限定の割引を実施しています。

    ③お金の健康診断

    スマートフォンから気軽にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談できるサービス。住所氏名を入力する必要がないため、個人情報の不安も問題ありません。こちらはマネシルと異なり、相談相手となるFPが登録料を払い、オンラインで相談を受けます。FPを始めとした専門家は敷居が高いですが、デザイン性の高いChatで気軽に相談することが可能です。

    3.納得したら「身近な人」と相談へ

    【2020年版】資産形成に役立つ金融セミナーは?注目サービスを比較

    自分が相談しても大丈夫かな?という段階から勇気を出して相談して、具体的な行動に一歩踏み出す。これはとても大切なステップです。ただその時に気を付けたいのは、自分ひとりで決める前に「身近な人に相談すべき」ということ。

    株や投資信託の相談、ワンルームマンションの検討は、当然ながら家族の同意が必要なもの。購入によっては家族の署名が必要な場合もありますが、いざ契約の段階で家族に相談しても、「いやいやそんな大切なことをなぜ今になって」と構えられてしまいます。可能な限り早い段階から「家族と共有」することが理想です。一緒にセミナーに行く、セミナーの内容を共有する、相談した講師の名刺やプロフィールなどを共有しておくなどの工夫を意識しましょう。それは講師に相談するうえで見解を教えてもらう上でも、一方的になり過ぎないメリットがあります。

    貯蓄より投資を、とはいわれながらも不透明で、なかなか判断に自信を持てないお金の相談。セミナーの特徴を考えながら、注目のサービスも上手に活用し、毎日の生活に大切なお金の問題に取り組んでいきましょう。

    【この記事の著者】

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    FP-MYS代表取締役社長CEO。1982年北海道生まれ。相続×Fintechプラットフォーム「レタプラ」開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2015年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。スタートアップとしてシードラウンドまでの資金調達完了済み。拠点は東京都中央区茅場町。

    LettePla:https://letteplabiz.com/

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    人気のマガジン

    新着マガジン

    < PR >

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ