住宅購入時の諸費用

2018年11月16日・住宅
住宅購入時の諸費用

土地や建物以外にかかる費用は意外に多い

住宅取得時には、土地・建物の代金以外に諸費用がかかります。資金計画には、これらを見込んでおくことが必要です。費用は「住宅取得時に関する費用」、「住宅ローンに関する費用」、「引っ越し、新居に関する費用」の3種類あり、詳細な費用は、以下の表の通りです。おおよそ、住宅取得時に関する費用は物件価格の2~5%、住宅ローンに関する費用は融資金額の2~5%です。また、引っ越し費用は思った以上にかかる上、カーテン、家具、家電など新たに購入が必要なものが出てくるため、余裕を見て資金計画を立てましょう。また、マンションの場合は、修繕一時金など、毎月の積立とは別に一括で支払が必要な費用がかかる場合もあります。

例えば、3,000万円の新築マンションを、借入金額2,400万円(元利均等・30年)で住宅ローンを組んだ場合、「引っ越し、新居に関する費用」を含めた諸費用はおおよそ200万円です。

なお、住宅ローンに含めることができず、現金などで実費を支払う必要のある費用もあるため注意が必要です。

住宅取得時に必要な費用
住宅取得時に必要な費用
 

住宅ローン手続き時に必要な費用
住宅ローン手続き時に必要な費用

コンテンツ提供元:株式会社エフピー研究所

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年春に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!

おすすめ記事