専業主婦が実践!夫の年収500万の私が子供の教育費を捻出した5つの方法

2018年11月16日・コラム
専業主婦が実践!夫の年収500万の私が子供の教育費を捻出した5つの方法

子供には豊かな教育環境を用意してあげたいと思いながらも、教育費の捻出は頭を抱える問題です。
塾、習い事、授業料など、毎月かなりの出費があり、子供を大学に進学させる費用を準備できないかもしれないと、心配な人も多いのではないでしょうか。

私も専業主婦として同じ悩みを抱えていました。夫の年収は500万円。
毎月家や車のローンなどを払いながら、教育費を捻出するため、節約の日々。

最初は苦労をしましたが、節約の方法を決めてしまえば、それまで重くのしかかっていた精神的負担も徐々に軽減されました。
今では子供の教育費の心配はありません。

そこで今回は、実体験をもとに教育費を捻出した方法をご紹介したいと思います。

1.子供の教育費の相場は?

4歳で幼稚園、7歳で小学校、13歳で中学校…。習い事や部活など、必要な費用も変わってきます。
相場を知っておくことで、用意しておくべき費用がわかりますので相場がどれくらいなのかは把握しておきましょう。

出典:子供の学費調査(平成28年度)

このデータは、平成26年に文部科学省によって公表された幼稚園から中学校までの学習費の年間平均です。
学習費とは、授業料、修学旅行費用、給食費、部活動、塾、家庭教師などの子供の学習のためにかかった全ての費用を指します。

もちろん、家庭によって学校を私立と公立、どちらを選ぶか、塾に行かせるか、習い事をさせるかにより、学習費は大きく異なりますし、住んでいる地域によってもかなりの差があります。

しかし、相場として知っておくと目標が立てやすくなります。さらにこのデータからは教育費の捻出に大切な事実を学ぶことができます。

それが、公立と私立の費用の違いです。
幼稚園は2倍、小学校は5倍、中学校は3倍と驚くような違いがあります。
公立は自治体が運営しているので、費用は抑え気味。

一方、私立は宗教法人、学校法人、社会福祉法人などの法人が運営しており、独自の教育方針を掲げているところも少なくありません。
その代わり、費用は高め。人気の学校であれば、平均よりもかなり高くなるはずです。

この費用を見ると先々不安になる方もいるでしょう。
年収500万円の場合、月々の給料は額面で32万円です。社会保険や所得税、住民税を引かれると手元には25万円も残りません。
あとはボーナスが4ヶ月分でるかどうかです。

そんな中でも、子供の教育費を捻出するコツが実はあります。

2.教育費を捻出する具体的な方法の紹介

それでは具体的にどのように教育費を捻出したのか、ここでご紹介したいと思います。

方法1:まずは目標を決める

教育費と言っても、来月分の教育費なのか、大学に向けての費用を準備するのかにより方法が異なります。
毎月の習い事や塾の費用を捻出する場合、家の中での節約を心がけるか、パートやアルバイトで収入を増やすのが近道です。

一方、大学にかかる費用は長期的に考えなければなりません。

大学進学費用を用意する場合、500万円が目安と言われています。国公立大学なら費用は抑えめでも、私立大学なら年間100万円以上の授業料がかかります。それに加えて親元を離れる場合は、一人暮らしの費用も必要です。

このように何かとお金がかかる大学進学は多くの親御さんの心配の種です。奨学金を得て大学に通うこともできますが、大学卒業時に子供が借金を抱えることとなるので、できれば避けたいものです。

家や車のローンを払いながら、18年間で500万円も貯金できないと思うかもしれませんが、出費を抑えながら、学資保険や投資を利用すれば不可能ではありません。

方法2:公立に通う

私立より公立の方が授業料が高いことはご存じの通りですが、実際に費用を比べると思っている以上に費用の差があることがわかります。

授業料だけを見れば、公立の小学校と中学校は無料です。給食費や教科書費などはかかりますが、私立のように授業料だけで年間40万円近くかかることはありません。

年収500万円の家庭が教育費用を捻出するには、公立への進学を第一に考えましょう。どうしても私立に通わせたいということならば、夫に転職してもらって収入を増やすか、自分がパートやアルバイトとして働く必要があります。

方法3:小学校卒業までにできる限り貯蓄する

大学の費用を貯めるためには、小学校卒業までにどれだけの費用を貯められるかがポイントです。
幼稚園、小学校、中学校の支出を見ると、それぞれ年間で10万円ずつ違いがあることがわかります。

これは、年齢が高くなるにつれて、習い事をしたり携帯電話を持ったりして、出費が増えるためです。
特に中学校に入り、部活が始まると、今まで以上の費用がかかることがあります。

つまり、小学校と中学校では貯蓄できる額が全く異なるということです。しかも、携帯電話を持ったり、友達と遊びに行ったりするのも中学生からです。小学生よりも月額1万円以上生活費が増えることを覚悟しておいてください。

このことを知らず、中学校に入り出費が増えたことで、積み立てたお金を解約する人もいます。満期が来る前に引き落としてしまうと元本割れする商品もあり、支払総額よりも受け取れる額が少なくなってしまいます。

これを防ぐためにもできれば子供が10歳もしくは、中学校に入る前までに目標額の貯蓄ができていると安心です。

方法4:学資保険と普通預金は分ける

貯蓄500万円を目指す場合、学資保険で300万円、貯金で200万円用意するのが一般的です。それは、学資保険ですべて積み立てをしていると、いざとなった時に解約しなければいけないからです。何かあった時の保険という意味でも、学資保険と貯金は分けておいたほうがいいでしょう。

学資保険は色々と種類がありますが、預けた金額の1.1倍〜1.2倍になる商品が一般的です。18歳から毎年定額を受け取れるプランや、18歳で一時金をもらうことができるプランもあります。

加入した後の毎月の積み立て金額は1万円が目処。お年玉などの副収入が入ったらその都度積み立てていけば、18年間で300万円貯めることができます。ただ、中学に入ると出費がかさむため、生まれてから小学校卒業までに2万円程度を入れておくことが理想です。

普通預金にいたっては、学資保険の様子を見ながら小学校卒業までに200万円貯まるように毎月13,000円ほど貯蓄していく必要があります。

つまり、毎月3万円近くを教育費用の貯蓄に回していく必要があるということです。家や車のローンを払い、しかも幼稚園や小学校の給食費、修学旅行費、医療費などを払いながらそれだけ貯蓄するのは、かなり困難です。

そのため、次の方法を利用していました。

方法5:投資信託を利用する

私はどうしても500万円貯めたかったため、毎日の出費を極限までに減らしながら投資信託を利用しました。ある投資信託では100万円積み立てた段階で10万円の利益が出ていたこともあります。

もちろんリスクはありますが、学資保険の金額と貯蓄に回す金額を投資信託の運用資金にしたことで、目標をクリアできました。少ない金額でも毎月コツコツと積み立てをして、プロに運用してもらうことで結果が出ています。

むしろ、そうでもしない限り教育費を捻出することはできません。

私の場合は投資信託を利用して貯蓄をしましたが、中には不動産投資を使って教育費を捻出している人もいます。ただ、初期投資がかかったり維持がかかったりして、初心者にはハードルが高い運用方法かもしれません。

それよりもプロに運用してもらう投資信託のほうが低リスクである程度のリターンを得ることができるのでおすすめです。

3.子供の教育費は無理のない範囲でコツコツと捻出を

子供の教育費の捻出は、どの家庭にとっても悩みの種です。中学校に入るまでにお金を用意し、あとは学資保険や投資信託で運用をして500万円を目指していきましょう。

また、節約をしすぎると家庭がぎくしゃくする原因にもなりますので、家族で相談をしながら無理のない計画を立てるようにしてくださいね。

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年春に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!

おすすめ記事