梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

2020年07月16日・コラム
梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

目次

    例年になく雨の多い「梅雨らしい梅雨」の2020年です。カレンダーとしてはあと1ヶ月で明け、本格的な夏が到来します。春休みもGWも自粛でどこにも行けなかった今年は、夏休みこそ!と意気込んで旅行・遠出の計画を立てている人も多いでしょう。その一助となるべく、政府が提唱した観光の復活策である「Go To Travelキャンペーン」。ところが、いくつかネガティブなニュースが続いたあと、最近あまり進捗を聞かなくなりました。あれ、キャンペーンを利用して夏旅行を考えていたけれど、間に合わないのでは?という懸念も。
    資産管理も、保険・年金も、ライフプランも、これひとつ!個人資産管理アプリ Fortune Pocket 登録は無料!

    1.Go To Travelキャンペーンとは?

    梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

    まず、Go To Travelキャンペーンの全体像を抑えましょう。通称はTravelを抜き、Go Toキャンペーンと称されることも多いです。2020年初頭より新型コロナウイルス感染拡大を受け外出が忌避されるようになり、甚大な影響を受けた業種のひとつが観光業でした。

    日本の観光業はこれまで、国内旅行と国外旅行によって成立してきました。2020年6月現在は国外からの観光客需要が回復したとはいえず、Go Toキャンペーンは比較的回復基調の見える「日本国内の人の流れ」に需要喚起を目指す施策といえます。

    ①Go Toキャンペーンの内容

    Go To Travelキャンペーン

    旅行業者等経由で「旅行商品」を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン券を付与するものです。1人あたりの上限額は1泊あたり2万円となります。このクーポン券は宿泊割引だけではなく、地域産品や飲食・施設などの広域で利用できるものになります。

    Go To Eatキャンペーン

    オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、最大一人あたり1000円分の飲食店で使えるポイントを付与するものです。かつ登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行されます。

    Go To Eventキャンペーン

    チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、2割相当分の割引・クーポン券を付与されます。

    Go To 商店街キャンペーン

    商店街での購買に繋がるイベントなどの取り組みを支援し、商店街による需要喚起を図るキャンペーンです。商店街あたり最大300万円を上限として支援、商店街等が広域でプロモーションする場合や、観光商品開発等を実施する場合は最大500万円を上乗せ可能となっています。

    ②Go To Travelキャンペーンの予算規模

    これらの事業に対する予算規模(令和2年度補正予算案額)は1兆6,794億円に達します。単純な計算ですが、日本の総人口(1億2,644万3,000人:令和元年)で按分すると1人あたり13,281円。とても大きな規模感で、コロナウイルスからの経済復興を目指す骨太の施策といえるでしょう。第一生命経済研究所の試算によると、Go Toキャンペーンによる旅行需要の創出効果は最大55.1%、最大1.37兆円の市場拡大につながるとされています。

    2.Go Toキャンペーンの詳細が聞こえてこない理由とは?

    梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

    GWにどこかへ行きたかったけれど我慢をした、という家庭の多くは、8月以降に夏休み旅行の計画を立て、クーポン券どうやったら入手できるんだろう?と首を長くしている人も多いでしょう。ところが約1ヶ月前の7月を迎えても、いっこうにキャンペーンの詳細が聞こえてきません。果たして施策の準備は進んでいるのでしょうか。

    ①キャンペーンの委託先が高額に

    コロナの第一波に沈静化の動きが見えてきた2020年6月、Go Toキャンペーン事業を実際に遂行する事業委託先の公募が行われました。ところが、この委託費が総額3,095億円!?。同時期に10万円給付手続き委託の不透明さが紛糾していたこともあり、いったん公募は仕切り直しとなりました。6月16日に赤羽国土交通大臣が記者会見を行い、委託総額を上限2,294億円まで切り詰めた?と発表しました。

    ②開始は夏休みに間に合うのか

    このときの記者会見で赤羽大臣は、「8月の夏休みの早い段階での事業開始を目指して準備を進める」と発表しており、例年なら夏休みは7月下旬からなので、半分ぐらい経過した段階で施策導入という流れになりそうでしたが、つい先日、7月10日に赤羽大臣の会見が再度あり、7月22日より開始されることが決まりました。どうやら夏休みに間に合うようです。

    3.Go Toキャンペーン利用を見越して、いまはどう動けばいいのか

    梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

    ではキャンペーン開始まで、いまはどう動けばいいのでしょうか。ポイントは、「Go Toキャンペーンの対象にならない部分を決めておく」ことだと思います。その後にGo Toキャンペーンの対象の部分を決めるようにしましょう。

    <今決めておくこと>

    梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

    また上記を決めてから決めることは主に以下の通り。

    〇 どのツアーを使うか(ツアーによって対象と対象外が分けられる可能性)

    〇 どの旅行会社を使うか(旅行会社によっては対象から外れる可能性)

    〇 何を食べるか・どこを観光するか

    ここで大切な心の持ちようをひとつ。旅行で楽しいことのひとつは「旅行の準備」です。準備を楽しみ、夏休みを待ちましょう。ただ昨今の状況を見て、もっとも気をつけなければいけないことがあります。

    4.何より気をつけるべきは「コロナ第二波と赴く観光地の空気」

    梅雨明け間近!Go Toキャンペーンは実施されるのか?2020年夏旅行をどうするべきか

    さて、Go Toキャンペーンが一度走り出すと、コロナ第二波の兆しが見えてもなかなか動きを止められない、という可能性があります。実際に執筆時の7月上旬、東京では連続して感染者200人超えが発表され、「夏休みに旅行に行っていいのか」という雰囲気も増しています。割引を利用して旅行したはいいけれど、現地では旅行者に対して微妙な空気が流れ、「(東京など)感染者数の多いところから来たの?」といわれ悪い意味で心に残ってしまうことも。

    東北の岩手など、感染者が出ていない&極めて少ない地域に赴く予定を立てている人は、より慎重に考えるべきではないかと思います。また、職場などコミュニティで「Go Toキャンペーン使った!」とは、暫く言うことのできない空気感が続くのではと予測されます。

    いずれにしても、もうまもなく2020年夏は、そのような観光地の空気も十分に配慮しながら、施策を活用する休暇となるでしょう。何よりもまずは旅行の準備期間を楽しむことですね。

    【この記事の著者】

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    FP-MYS代表取締役社長CEO。1982年北海道生まれ。相続×Fintechプラットフォーム「レタプラ」開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2015年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。スタートアップとしてシードラウンドまでの資金調達完了済み。拠点は東京都中央区茅場町。

    LettePla:https://letteplabiz.com/

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    人気のマガジン

    新着マガジン

    < PR >

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ