将来設計の第一歩!資産管理によって変わる4つのこと

2018年11月16日・コラム
将来設計の第一歩!資産管理によって変わる4つのこと

誰もが気になる将来のお金のこと。退職後の生活はもちろん、住宅ローンや教育費などが気になっている方も多いのではないでしょうか。
先が見えない不安が続く昨今、大切はなことは、自分の資産を管理することです。この「資産管理」を始めることで何がどう変わるのか、得られるメリットを具体的にご紹介します。

1.資産管理によって今、自分がどれだけの資産を持っているかわかる

①資産管理をしないと

資産管理をしないと、資産の基準が、主に「銀行の預金通帳」や「財布の中にある現金」の増減になってしまいます。しかし実際、自分の資産は、預金や現金などの金融資産だけでなく、不動産や自動車、ゴルフ会員権、株券なども含まれます。資産管理のよくある例としては、家計簿の記録にばかり集中してしまうことで、現金の増減だけに目がいきがちになり、残金が減るだけも不安になってしまうということです。そんなときには、現金だけではなく、自分の資産全体を長期的な視野で見つつ将来の計画を立てることで心に余裕が生まれます。

②資産管理をすれば

貯金や財布の現金だけでなく、不動産、自動車などすべての資産を管理することで、現金だけでなく、自分が持つすべての資産を把握できるようになります。どれだけの資産を持っているかを把握しておくことで、将来の老後のこと、住宅ローン、保険、子どもの教育費など、先のことまで見通すことができ、どのように貯金や生活をしていくかの計画を具体的に立てることができるようになります。そして資産管理を習慣付けることで、預金や財布の額面だけに振り回されることもなくなり、安心感も得られます。

2.資産管理によって退職後の楽しみ方がわかる

①資産管理をしないと

自分が持っている資産を贈与や相続などの引き継ぎに対する対策が手薄になってしまいます。保有する全資産を把握していなければ、どの資産を贈与し、死後に相続するべきか考えることすらできません。また、全資産を把握していないと、自分の死後に忘れていた土地などが発覚し、思わぬ相続税がかかるなど、引き継ぐ人の手間を増やしてしまうこともあります。全資産について把握し、生前にきちんと財産目録などを作っておかないと、死後に「隠し財産」の有無を巡る相続トラブルが起こる可能性もあります。

②資産管理をすれば

貯金や財布の現金だけでなく、不動産、自動車などすべての資産を管理することで、現金だけでなく、自分が持つすべての資産を把握できるようになります。どれだけの資産を持っているかを把握しておくことで、将来の老後のこと、住宅ローン、保険、子どもの教育費など、先のことまで見通すことができ、どのように貯金や生活をしていくかの計画を具体的に立てることができるようになります。そして資産管理を習慣付けることで、預金や財布の額面だけに振り回されることもなくなり、安心感も得られます。

3.資産管理でお金に対する不安を解消しよう!

資産管理をすると、将来のお金に対する漠然とした不安が、安心に変わります。

全資産を管理、把握することで、将来に渡って生活を維持するのに必要な資産や、生活イメージを予測することができるようになります。生活の基盤づくりの計画が立てば、安心感が生まれ、退職後の楽しみについても考えられるようになるでしょう。

また、資産管理によって次の世代への引き継ぎのことが考えられるようになり、さらに安心感が得られます。

自分の将来のことはもちろん、家族にとっても大きなメリットをもたらす「資産管理」。誰もが先行きが不安な時代だからこそ、少しでも早く取り組んでいくことをおすすめします。

コンテンツ提供元:日本ユニシス株式会社

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年春に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!

おすすめ記事