面倒な保険の管理が簡単にできる!

2019年05月31日・アプリの使い方
面倒な保険の管理が簡単にできる!

今やほとんどの人が何らかの保険に加入している時代ですが、皆さんはこんな状態になってはいないでしょうか。

 ・保険会社に勧められるがままに契約したけど、内容を見直したことがない・・

・どんな保険にどれだけ入っているのかよく分からない・・

 ・保険会社から毎年書類が届くけど、あまり見ずそのままごみ箱に・・

今回はそんな状況に一つでも当てはまった方にFortune Pocketでできる、簡単な保険の管理をおすすめします。

Fortune Pocketは保険の契約内容を一括管理できる機能も提供しており、新しい契約や見直しをする際に多くの書類を見返す従来の方法ではなく、アプリで簡単に現在の契約内容を確認することが可能になっています。

また、保険会社のコールセンターの番号や問合せ時に必要となる証券番号をメモに登録しておくことで、外出先で急遽保険を利用するような場合でもスムーズに問合せできるようになります。

では、具体的にどんな手順で登録していくのか見ていきましょう。

1.操作手順

まず、バランスシートの左下にある、「保険」の枠をタップします。

最初から細かく個々の資産を把握しようとすると大変ですので、最初は全体像を理解するイメージで進めていって下さい。

面倒な保険の管理が簡単にできる!

今回は生命保険の入力を例に、入力方法を見ていきます。

①まず、「保険の種類」の項目から、「生命保険」を選び、「保険会社名」を入力していきます。

②次に、「商品名」、「証券番号」を入力します。「証券番号」は、保険会社への問合せや契約内容の変更・解約の際に必要になるので書いておくと便利です。

面倒な保険の管理が簡単にできる!

③そして、「保険料」、「満期保険金」、「解約返戻金」、「死亡保険金」を入力していきます。

※「解約返戻金とは」

文字通り、解約した際に戻ってくるお金です。掛け捨ての保険に解約返戻金はありませんが、貯蓄性の保険は解約した際に解約返戻金が発生します。ただし、契約から短期間で解約した場合、払った保険料より少ない金額の解約返戻金しか戻らないので、一般的に貯蓄性の保険は長期もしくは満期契約を前提としています。

④最後に、「保険期間終了日(いわゆる満期日)」と「払込終了日」を入力します。保険期間(定期や終身)を明確にして、いつ満期になるのか、いつ保険料が払い終わるのかを管理することで収支の把握もしやすくなります。

面倒な保険の管理が簡単にできる!

全ての項目の入力を終えると、今登録した保険の内容が一覧に反映されています。一連の入力を繰り返すことで、現在契約している保険が一目で分かるようになります。

面倒な保険の管理が簡単にできる!

Fortune Pocket はMoneytreeと連携しており、Moneytreeで対応している保険会社の保険情報を反映させることも可能です。

2.ライフプランへの反映

保険の満期情報はライフプランにも反映されます。保険の満期日は忘れがちですが、ライフプランに表示されることで把握しやすくなります。

面倒な保険の管理が簡単にできる!

3.まとめ

Fortune Pocketは保険の商品名や証券番号、保険金額といった契約内容も登録できるようになっています。「書類が多く、内容が分かりづらい」と言われる生命保険や損害保険ですが、登録を機に今一度どんな保険に加入しているのか、どれくらいの保障があるのか見直してみましょう。Fortune Pocketで一括管理しておくと今後の保険の見直しが楽になります。またライフプラン機能と併せて使うと、より今後のライフプランを立てやすくなります。

【この記事の著者】

フォーチュンポケットマガジン編集部

フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

< PR >

人気のマガジン

新着マガジン

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
年内に新デザインにてリリース予定。

トップへ